必要などで徒歩

みなさん、『こむら帰り』ってご存知ですか?
疲れて乳酸がたまってくると、ふく達はぎがつったように引きつけをおこすんんです。
引きつけは一瞬~数分で鎮まるんですけど、引きつけしている間かなりの苦痛に襲われます。
かなりふく達はぎを誰かにギューッという思う存分鷲づかみにされたといった苦痛で、その苦痛たるや悲鳴せずにはいられない近くだ。
自身は、必要などで徒歩が疲れたりすると、その日の夜はしっかりこむら返りに襲われます。
真夜中、寝ているといったやにわにふく達はぎが酷く痛み、目が覚めます。
しばらく、ふく達はぎを抑えながら「ギャー!」とか「いて―!」辺りという金切声をあげている。
対処は無く、こむら返りにただひたすら持ちこたえる他ありません。
隣席で寝ていた嫁さんも、初めはこむら返りで考え込む自身を見て「OK?」という心配してくれたのですが、最近は「夜中に目ざとい!」という邪険に扱います。
迷惑なのはわかっているんですけど、でも夜中に叫ばずにはいられないほどきついんです。
ウェブ等で、何でこんな事象が起きるのか調べたりやるんですけど、依然として解明されていない体のカラクリの不思議なんです。
そうして近頃正に、今宵位こむら返りが来そうな予感がするんですよね‥。
東京都墨田区にも交通事故に強い弁護士がいる